ダニは掃除機で取れるの?対策するときのやり方や注意点など

2250fd89369148897c5ebb54738db8ad_m

虫たちが騒ぎ出す、なんとも嫌な季節になってきましたね。

テーマでもあるダニも活発化してくるみたいですよ。

 

布団やクッション、枕にぬいぐるみ。気になる方は、とても神経質になってしまいますよね。

ダニって本当に嫌いなんですよねぇ。私は特に本やPCにいるダニが嫌いです。

なんでそこにいるんだよ!と腹が立ちます(-_-;)

スポンサードリンク

 

結局、ダニは掃除機で取れるの?

布団のダニを掃除機で対処って感じの商品もあったりしますが、

結局のところ効果はあるのでしょうかね^^;

 

何年か前にすごく流行りましたよね。

私も欲しかったのですが、Amazonのレビューを拝見して買うのをやめました。

高いので、購入するのにやっぱりレビューを参考にしたわけです。

で、普通のハンドクリーナーにしたのですが個人的には、布団に掃除機をかけた事で

気分的に満足したので、それで良かったかなと思っています(*´∇`*)

 

実際、布団や畳等に無断で住んでいやがるダニに、掃除機は効果があるのかな、

というところですが、ダニ自体には効果はないみたいですね。

ダイソンのHPにこんなことが書いてありましたので、ご紹介します。

 

布団クリーナーに搭載されているUVライトでダニを死滅させることは困難です。

布団クリーナーの中には、振動によってベッドや布団からたたき出されたダニを

吸い取ると言われているものがあります。しかし、

その振動ではダニをたたき出すことはできず、仮にたたき出されても、

クリーナーの吸引力は弱いため、ダニはベッドや布団に取り残されたままになっています。

※引用元はこちら

 

掃除機で取り除けるのは、ダニ自体ではなく(たまたま取れる事はあるのではないかと

思いますが)ダニの糞やエサになり得る人のフケや皮膚等といったものみたいです。

スポンサードリンク

ダニの対策とやり方、考え方

では、ダニに対してはどのように対策していけば良いかと言うと、

部屋や、ダニが住み着いていそうな物をこまめに掃除していくことだと思います。

湿気や高温を好むダニを追い出すには、住みにくい環境に改善すると強く意識すること

ではないでしょうか。

 

ダニの活動は梅雨時に活発になって、夏にピークを迎えるそうです。

秋には、ダニの糞や死骸などが増えていき、アレルギーの原因にもなっていると聞きます。

 

 

掃除機には確実にダニを退治できるという保証はないわけですが、

やらないよりは全然いいです。エサになるフケや糞等が取れますしね。

今は、掃除機以外にもダニに対するグッズ等が簡単に手に入ります。

 

こちらはアマゾンでの検索結果です。

自分の予算と、商品の効果を読んで、

試してみたいものがあったら一度購入してみるのも良いと思います。

でも、アレルギーがなくて普通に掃除をしているなら、

そんなに神経質に考える必要はないかなとも思います。

 

換気と掃除、たまに寝具を干して殺虫剤とか活用して。

それで良いんじゃないかな?筆者的にはそう感じます。

 

ダニ対策に関しての注意点は?

注意点として良いのか分かりませんけども、

小さな子供さんがいるならやはり本格的な夏が来る前に対策を講じておくのが良いかな?と。

子供は汗をかきやすいので、あせもやとびひにかかりやすいですよね。

ダニによって引き起こされることもあるかもしれませんので、

清潔を保つことに注意するのは良いことだと思います。

 

でも、先にも書きましたがやはり神経質すぎると疲れてしまいますので、

普通に清潔にしていけば良いと感じます。

どうしても気になったり、被害があるようなら

こまめな掃除と片付け、換気、殺虫剤等で駆除ですかね。

Gの駆除も考えているなら、ダニにも効果があるタイプのバルサンやアースレッドも

一気に片付いて良いかもですが、これは必ず注意が要ります。

 

ガス警報器や、火災報知器に反応してしまう事があるので、

必ず対策してから実行してくださいね。

 

・まとめ・

  • 生きているダニを掃除機で全て駆除する事は不可能、らしい。
  • でも、死骸や糞、フケ等が取り除けるので全く効果がないとは言えない。
  • 殺虫剤を使用する際には、色々気を付けた方が良い。

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA