引越しの1・2週間前にすること【その2】<役所手続き〜一般サービス等>

f835ded4666cb9e979d9fea322d653da_m

前回は、「引越しの1・2週間前にすること【その1】」ということで、

引越しをされる殆どの方が関係する内容をお伝えしました。

 

「その2」となる今回は、該当される方が行うべき内容についてお送りします。

手続き系などは、まとめて行うことで時短にもなりますので事前に確認しておきましょう。

スポンサードリンク

 

(1)国民健康保険の資格喪失手続き

国民健康保険の加入者は、”原則”今住んでいる市区町村の役所へ

「資格喪失手続き」をする必要があります。

同じ市区町村内での引越しであれば、「住所変更手続き」が必要です。

 

最近は「転出届」と「資格喪失届」を兼ねるケースが増えており、

転出後に保険証を返却すればOKというのがほとんどです。

(そのため上では”原則”とお伝えしました。)

市区町村によって対応が違いますので、お住まいの地域の役所への確認はお忘れなく。

 

(2)印鑑登録の廃止手続き

印鑑登録証の交付を受けている場合、

登録証を返却し、登録を廃止してもらいましょう。

自治体によっては、転出届の提出で印鑑登録が廃止される場合もありますので、

こちらも役所へ確認しておくとよいでしょう。

 

(3)福祉関係の手続き

市区町村からの給付金を受け取っている場合、

それぞれの部署で手続きが必要になるケースがあります。

児童手当、乳児医療、老人医療など色々あるかと思います。

 

こちらも、転出届と兼ねられる場合もあるようですが、

受けている内容が人それぞれ異なるため、

念のため担当者に確認をとってみることをおすすめします。

(私は児童手当の給付を受けているので、それ関係の手続きが必要でした)

 

(4)ペットの登録住所変更

犬や猫など、ペットを飼育されている方も多いかと思います。

我々と同様に、転出・転入の届けが必要となりますので、

ご自身の手続きの際に一緒に行うようにしましょう。

動物の種類や、お住まいの市区町村によって対応が異なるので、

事前に役所への確認をしておきましょう。

 

(5)各種サービスの手続き

ご自身で契約されている衛星放送やケーブルテレビ、

また自宅に配達されるような新聞・雑誌などの各種サービスの

手続きも忘れずに行いましょう。うっかりやり忘れたが為に、

「使用できなくなった」「前の住所に配達され続けた」

なんて事も発生してきます。

引越し予定日が近づくほどバタついてきますので、

なるべく早い段階で対処しておくとよいでしょう。

 

おわりに

今回で、「引越し1・2周間前にすること」の主な内容が終わりです。

役所系の手続きは同時に行なったほうが楽なので、事前確認は漏れ無くやりましょう!

次回は、「引越し2日前までにすること」というテーマでお伝えしていきます。

まだまだ面倒な作業が続きますが、滅入らず頑張っていきましょうね!

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA