物件・部屋の間取りの意味は?LDKとかRって何?

物件・部屋の間取りの意味は?LDKとかRって何?

物件の間取りを表すときに使われる「LDK」とか「R」とか、

皆さんは正確に意味を把握されていますか?

物件を探すためには最低限知っておくべき知識ですので、

もしご存知ないようでしたら、今回で押さえちゃいましょう^^

スポンサードリンク

 

「R」の意味は?

1R

「R」はリビングとキッチンの仕切りがないタイプを指しています。

よく「ワンルーム」とかって言葉を聴きますよね。

「1R」とかって書き方もされます。

私が初めての引越しをした際に澄んだ部屋も「1R」タイプのアパートでした。

玄関から部屋まで仕切りが一切ないので、

来客(配達人など)から見えないように工夫をされる方も多いですね。

 

「K」の意味は?

「K」はキッチンのことを指しています。

玄関とリビングにキッチンが設置されたタイプを「1K」とすることもありますね。

よく「1R」との違いが分からない、という声を耳にしますが、

「キッチンと部屋(リビング)に仕切りがあるかないか」の違いです。

つまり、仕切りがない物件を「1R」、仕切られている物件が「1K」となります。

 

寝室からキッチンが丸見えなんて嫌だ!という方は「1K」に絞って探すと良いですね。

 

「D」の意味は?

2DK

「D」はダイニングを指しています。食事をする場所ですね。

多くは4〜8畳くらいの広さで、キッチンと一緒になっています。

この場合、ダイニングとキッチンを合わせて「DK」と表記されます。

一般的な一軒家を思い浮かべてみると分かりやすいですね。(※写真は2DK)

 

「L」の意味は?

「L」はリビングのことを指します。日本式に言うと「居間」ですね。

一般的には8畳以上の広さで、なおかつキッチンが一緒になっている場合に

「LDK」という表記をされます。

 

因みに、よく会話で聞く、「2Lくらいに住みたい〜」

というのは、「LDK」を略して言われており、

「2LDKくらいに住みたい〜」という事になります。

スポンサードリンク

間取りの数字の意味は?

3LDK

最後は「LDK」などの頭に付く数字について。

これ意外と知らない方が多いみたいです。

 

数字が意味しているのは、ずばり「部屋数」です。

ただし、「LDK」を含めないそれ以外の部屋を指します。

 

例えば、「2LDK」を分かりやすく言い換えると、

「リビングダイニングキッチンの他に2部屋ある物件」

ということになります。簡単ですよね^^(※写真は3LDK)

 

おわりに

今回は、間取りを表す記号(アルファベット)についてお伝えしました。

基本的なものなので、是非覚えて帰って下さいね^^

また、ちょっと特殊な記号も存在するので、

それはまた別の記事でお伝えしていきますね!

スポンサードリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA